購入した車種・オプションに合わせて必要な情報だけが載った取扱説明書をお客様一人ひとりにあわせて個別に生産。使いやすさだけでなく、在庫リスクとコストの削減も。

知りたい情報にすぐ届く、一人ひとりにとって読みやすく使いやすい取扱説明書

自動車ディーラーで新車購入後にもらう取扱説明書。
お客様が購入した車種や選択したオプションに合わせて、必要な情報だけに絞った取扱説明書を、そのお客様向けに個別に生産。
自動車の新機能やオプションが充実するほど、分厚く複雑化して一人ひとりにとっては「読みくい」と思われがちな説明書の情報を、一人ひとりにとって「読みやすく」「使いやすい」「スリムな」説明書にすることができます。

同じ車種であっても購入者によっては異なる操作内容に。

進む自動車のIT化による操作方法の複雑化、多様なニーズに対応するオプションで、同じ車種であっても購入者によっては異なる操作内容に。
そんなケースも増える中、そのすべての操作方法をを1冊の取扱説明書に載せようとすれば、説明書はどうしても複雑・肥大化してしまうかもしれません。
そして、それは購入者にとっても”自分の選んだオプションに関する説明を探す””自分は該当しない説明を読む”ことが起こりやすい、知りたい情報へ手が届きにくい説明書ではなかったでしょうか?

お客様の購入車に合わせた、個別の取扱説明書なら、一人ひとりが読みやすく知りたい情報をきちんと知ることができます。
さらにコーデンベルクなら一度の大量生産ではなく、必要な時に必要な部数での生産が可能。自動車メーカーにとっても印刷費や輸送費、さらに在庫リスクなど様々な「コスト削減」を実現。お客様とメーカー、双方にとって嬉しい成果が期待できます。

 

すべての事例を見る